不動産広告の見かた

0
    現在、住宅ローン金利が史上最低金利となっていることから、住宅購入を検討されている方も多いと思います。

    昨年の夏以降、消費税引上げや、景気回復をの影響もあり、不動産のチラシも多くなってきています。
     
    そこで不動産広告やチラシで注意する点を取り上げてみました。
     
    【2LDK+Sの意味】
    2LDKは、2つの居室とL(リビング=居間)、D(ダイニング=食堂)、 K(キッチン=台所)で、3つの機能が1室に併存され、部屋はLDKと表示される。
     Sはサービスルーム(納戸)のことで採光及び換気が居室基準に適合しない部屋
     
    【〇〇駅より徒歩7分の実際の時間は?】
    不動産広告でにおいて、徒歩による所要時間は道路距離80mを徒歩1分として計算している。
    徒歩7分は、7分×80m=約560mと考えられるが、信号待ちや坂道は計算されていないので7分以上かかると思ってください。
     
    【マンションの専有面積の床面積と登記上の専有面積の違い】
     販売用パンフレットに記載されている専有面積の床面積は、壁芯面積により計算されているのが一般的となっている。
    登記面積は壁に内側で算出されるため、パンフレットに記載されている面積より狭くなっている。
     以上を注意しながら慎重に住宅選びを行ってください。

     増税前には駆け込み需要がある反面、増税後はその反動で住宅の販売が低迷し、プライスダウンが予想されますが人気物件にはあまり影響はでないと思います。

     住宅購入前には、ぜひファイナンシャルプランナーに相談して失敗しない住宅選びをお勧めいたします。

    相談料は2、3万円ですが、物件選びやローンの選び方で失敗すると何百万円の損失となります。
     


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM